RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
尖閣列島探檢記事 (承前) −その1−

地学雑誌・第12輯頁第141巻・明治33年09月

尖閣列島探検記事 (承前)
                                      黒岩 恒

第1回



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【現代語意訳】

魚釣島の地質は古火山岩なる閃緑岩を土台として、その上に層畳せる砂岩より成り、沿岸の処々に珊瑚石灰岩の縁付けを見ることができる。閃緑岩の露出は、南西岸の閃緑角(せんりょくかく)から南側一体に沿うて大きく発達しており、一旦消滅するが再び安藤岬(アントウサキ・沖縄県師範学校長安藤喜一郎氏に因む)に露出する。安藤岬以東は、沿岸処々に露頭していて、それが東岬(アガリサキ)付近にまで至る。要するにこの閃緑岩は各処個々に噴出しているものではなく、帯状に連なる一体のものである。ただある処は水面下に隠れ、ある処は他岩に蔽はれ、その結果この様に所々に露顕しているだけである。東岬付近に露出するものは、角閃石の結晶が極めて美しいものである。

砂岩は魚釣島の全体の九割を占めるもので、第三期(6500万〜170万年前)に属し、北に向って十度ないしは二十度の傾斜で傾いている。この層の下部には厚さ6〜9cmの含炭層がある。和平泊(わへいとまり)及び道安渓の付近がそうである。又この砂石は下部に於ては、やや細粒であるが、上部に於ては粒が粗くなり、遂には蛮岩(礫岩)の様に推移する。屏風岳の如きがこれである。






又この砂岩は、堅くしまっているにも拘らず、分割し易いから、岩壁より崩壊墜落するものが年々後をたたない。屏風岳下の沿岸などは、家屋の大きさもある岩塊がてんでばらばらに散立している。又和平泊にある小さな小屋などは、本年三月、奈良原岳の頂上から墜落してきた岩塊の為に、殆んど圧壊されんとしたが僅かに免れることができた。地震は云う迄もなく、長雨の後は更に危険であるから、将来魚釣島島への移民がある場合は、よく注意して、この方面に家屋を建てるべきでない。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【原文】

地質は古火山岩なる閃緣岩を土臺として、其上に層疊せる砂岩より成り、沿岸處々珊瑚石灰岩の緣附けを見る。閃緣岩の露出は、閃緣角に始り、南側に沿ふて大に發達し、一旦跡を滅して再ひ安藤岬(アントウサキ・沖縄縣師範學校長安藤喜一郎氏に因む)に露出す。岬以東は、沿岸處々に露頭し、以つて東(アガリサキ)岬附近に至る。要するに此閃緣岩は各處箇々に噴出せしものにあらずして、一連共體のものなり、唯或處は水面下に隠れ、或處は他岩に蔽はれ、其結果かくの如くなりしのみ。東岬附近に露出するものは、角閃石の結晶極めて美麗なり。
砂岩は本島地体の九割を占むるものにして、第三期に屬し、北に向つて十度乃至二十度の傾斜を有す。此層の下部に於て厚二三寸なる含炭層を見る。和平泊及道安溪附近の如き是なり。又此砂石は下部に於ては、稍細粒なるも、上部に於ては疎粒となり、遂に蠻岩様に移推するを見る。屏風岳の如き是なり。

又此砂岩は、堅實なるにも拘らず、裂割し易きを以つて、絶崖より崩壊墜落するもの、年々絶へず。屏風岳下の沿岸の如きは、屋大の岩塊算を亂して散立せり。又和平泊なる小舎の如き、本年三月、岳頂より墜落せる岩塊の爲に、殆んど壓壊せられんとして僅に免れ居れり。地震は云ふ迄もなし、霖雨の後は一層危險なれば、将來移民あるの暁、宜く注意して、此方面に家屋を構ふるか如きことなかるべきなり。

author:senkakujapan, category:尖閣列島探検記事, 19:55
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:55
-, -, - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。