RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
中国海軍の新型軍艦確認 沖縄本島沖で海自機
山陽新聞  平成18年12月21日
http://www.sanyo.oni.co.jp/newsk/2006/12/21/20061221010007151.html


海上自衛隊が沖縄本島沖で、初めて確認した中国海軍の新型フリゲート艦=21日午後(防衛庁提供)
 21日正午ごろ、沖縄本島北西約400キロの公海上で、中国海軍の新型フリゲート艦1隻が航行しているのを海上自衛隊第5航空群(沖縄県・沖縄基地)所属のP3C哨戒機が確認、撮影した。

 中国国産のジャンカイ級フリゲート艦(3、900トン)で、艦番号は「526」。海自が同型艦を日本近海で確認したのは初めて。18ノットで東方向に進んでいったという。航行目的などは分かっていない。

 ジャンカイ級フリゲート艦は全長約130メートルで対艦、対空ミサイルや高性能機関砲などを搭載。2005年6月就役したとされる。

(12月21日22時57分)
中国海軍の新型軍艦確認 沖縄本島沖で海自機



海上自衛隊が沖縄本島沖で、初めて確認した中国海軍の新型フリゲート艦=21日午後(防衛庁提供)
 21日正午ごろ、沖縄本島北西約400キロの公海上で、中国海軍の新型フリゲート艦1隻が航行しているのを海上自衛隊第5航空群(沖縄県・沖縄基地)所属のP3C哨戒機が確認、撮影した。

 中国国産のジャンカイ級フリゲート艦(3、900トン)で、艦番号は「526」。海自が同型艦を日本近海で確認したのは初めて。18ノットで東方向に進んでいったという。航行目的などは分かっていない。

 ジャンカイ級フリゲート艦は全長約130メートルで対艦、対空ミサイルや高性能機関砲などを搭載。2005年6月就役したとされる。

(12月21日22時57分)
author:senkakujapan, category:尖閣諸島, 08:36
comments(0), trackbacks(1), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 08:36
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://senkakujapan.jugem.jp/trackback/26
【沖縄本島】について
沖縄本島沖縄本島(おきなわほんとう)は、東シナ海と太平洋の間に位置する南西諸島最大の島で、沖縄県の政治、経済の中心地。面積1206.49km²であり、本土4島を除く面積3位の島。沖縄県の41の市町村のうち県庁所在地の那覇市を含む26の市町村があり、同県の人口約1
美ら沖縄, 2007/07/07 5:35 PM