RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
尖閣諸島が日本領土ではないという投稿に注目
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0610/061010-7.html

> >尖閣諸島が日本領土ではないという投稿に注目

(平成18年10月07日)

投稿者:  揖保地閑者


 匿名氏の尖閣諸島が中国領であるという根拠が、井上清氏の論文にあるといいます。

ところがこの井上氏の論文は、尖閣諸島近海に海底資源があるという国連の調査結果が報告されてから、初めて現地に赴き書かれたものです。

それが、ネットでもUPされていたので一読しその評価を調べてみました。
やはり、一般的評価が示しているように、イデオロギーが前面に出ていて論になっておりません。

例えば、奥原敏雄氏 ( 国士舘大学助教授 ・ 国際法 ) の指摘に対しても、井上氏は戦闘的論調で、論戦になっておりません。

そのひとつとして、尖閣諸島における経済活動の検証にしても、井上氏は日本人の明白な生活の形跡がありながらもそれを無視し、中国人の生活跡があると主張しています。

ところが、その中国人の生活跡を具体的に示すように求めても、井上氏は単にまくしたてているだけで答えていません。

また、奥原氏の水路図に対する指摘についても、井上氏は答えておりません。
史実がないから井上氏は答えようがないのですね。
結局、尖閣諸島が日本領土であることが明白になるばかりでした。

こうした井上氏の態度が、学会でも無視された所以でありましょう。
いずれにしても、資源が発見されるまでは、中台を含めて世界が 尖閣諸島が日本の領土として認めていました。

それは、当時の中国が発行した地図にも尖閣諸島が日本の領土として記されていますし、世界の海図 ( 水路図 ) や地図にもそう記されています。

また、資源が発見されるまで、中台は領土問題に異議を唱える機会があったにも係わらず、無関心でした。

こうした事情を見ますと、やはり海底資源の発見が、中台の態度を豹変させた理由でしょう。

匿名氏が、今更、評価に値しない過去の論文を持ち出して、この 「 論壇 」 に現れたことは、海底資源がいよいよ有効であるということなのでしょうか。
author:senkakujapan, category:尖閣諸島, 21:16
comments(1), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 21:16
-, -, - -
Comment
尖閣諸島の件は実は日本が勝ったのでは!
チャイナリスクが世界に伝わったのだから中国株も暴落すると思うのだけど…

本件はコメントと言うか私はわからなくなってきた。中国内のマスコミやネットで騒ぐほど中国民衆は尖閣諸島に興味無い人が多く、日本に中国政府が負けたと思う人もいて変な感じがして帰国してきました。
本文の尖閣諸島は日本領でないとする人は、明白な事を最後まで言えないのに主張続けるのですか?わけわからないよ!
騒いでる中国人も教養無さすぎと言うか頭変で自国領土と言うだけの理由になってないですね。

でも今回の尖閣は日本が勝ったのに、何故負けたと報道してるかもわからなし、私は中国側がおかしくて笑ってたんですが…。

そうなんです中国トップの心理状態や思考は単純と思うのですよ…。
中国側の現状況は、子供が喧嘩して負けて泣きながら、「お前の母さん出臍」とか悪態ついて騒いで負けたことを認めたくないと意固地になり食事当番で嫌いな奴にパンを渡さない意地悪して周り(世界)から顰蹙や避難されてるだけの様に思えます。アメリカやオランダの国内の友人も似た事を言ってました。
今回の尖閣問題では完全に中国が負けたことを首席も内では認めていて民衆に云えられないから騒いでるだけの「だだっ子」に思え、政治的切り札と思っているカードを出してみたら世界の信用無くしただけで、
中国が完全に負けたと思います。負けた理由は簡単で、
アメリカが尖閣諸島は日米安保の範囲内であることを全世界に向けて発信してしまい、全世界が日本に属する諸島だと再認識させてしまったことと、歴史的根拠まで放送された国もあり感心無い人にまで中国の矛盾が伝わってしまったこと。(ただ台湾は中国と違い元々台湾が日本占領の時に魚を捕ってたこともあり、中国野望に加担しなければ悪く思われない流れも感じましたね。)
それと中国国内でも一部で騒がれてますが船長を自国のチャーター機でわざわざ迎えに行ってしまったこと。ネットでは日本が悪いと言うなら何故日本にVIP対応で送らせて謝罪させないのかと政府に避難していたのがありました。…そして船長は処分保留「保留」であることが後々にどうなるか不安との意見も出ていた。
他に政府は色々な条約も世界に再認識されて、かっこが悪くなって、引くに引けない状態で名誉挽回のためカッコつけて賠償請求したら軽く蹴られ無視された形になり呆れられていました。哀れにさえ見えてきた。また、全世界にCHINA RISKをアピールした結果になり他国からの信頼も消えたこと。これからの中国は株の暴落も予想されると思うし大変なことになると思うのですが…なんか哀れに思うのは私だけでしょうか??
よなよな, 2010/09/27 11:08 PM









Trackback
url: http://senkakujapan.jugem.jp/trackback/55