RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
尖閣列島探検記事 第1回 
黒岩恒著「尖閣列島探検記事」 −第1回−


1.序  
2.総論


(地学雑誌第12輯第140巻476頁7行-477頁13行)



・・・・・・・・・【現代文】・・・・・・・・・

尖閣列島探険記事

明治三十三年五月、沖縄県那覇区在住古賀辰四郎氏は国より借り受けた無人島へ向け、汽船大阪商船会社汽船永康丸を派遣することになった。理学士宮島幹之助氏もまた調査のため渡航されることになり、不肖(私)も奉職しているところの沖縄県立師範学校に命じられ、この幸便を借りて渡島し探険することとなり、同五月三日に那覇を出帆、往復十八日間、即ち同五月二十日を以って調査を終え帰校した。その間、宮島学士は黄尾嶼の一島に留りて調査に従事されたが、余(私)は他の列島を回遊した。この記事は専ら私が回遊した列島に関するものにして、黄尾嶼については、他日精密な報告書が出る時があろう。読者はそのことを了解して戴きたい。
 明治三十三年七月
      沖縄県師範学校に於いて              黒岩 恒

 

    総 論
ここに尖閣列島と称するは、我が沖縄島と、清国福州との中央に位置する一列の小嶼にして、八重山列島の西表(イリオモテ)島から北に距(へだ)てること大凡145キロ。本列島より沖縄島への距離は370キロメートル。福州への距離もまたほぼ同じで、台湾島の基隆へは僅々193キロしかない。帝国海軍省出版の海図(明治三十年刊行)を見ると本列島は釣魚嶼、尖頭諸岐、及び黄尾嶼より成立し、限りなく広がる青海原の粟粒(あわつぶ)である。しかしその位置上の関係から、古来沖縄県人に知られていたのだが、この列島には未だまとまった名称がなく、地理学上不便なので、公式な名称ではないが尖閣列島という名称を新しく設けることにした。
本列島は地勢地質上に大別するのを必要がある。甲は釣魚嶼および尖閣諸嶼にして乙は黄尾嶼である。図に示すと以下のようになる。
                                 

【管理人】 ブログでは表に出来ないので文字にしました。

尖閣列島 

   (甲) (1)釣魚嶼
      (2)尖閣諸嶼
  (乙)  (3)黄尾嶼

前者は主として近古代水成岩よりなっており。後者は全く火山岩よりなる。





・・・・・・・・・【原文】・・・・・・・・・

記事名: 尖閣列島探檢記事
著 者: 黒岩恒
雑誌名: 地學雑誌
巻 数: 第拾貳輯−第百四拾巻 
頁 数: 476頁7行〜483頁13行
発行年: 明治三十三年八月
発行元: 東京地學協會


尖閣列島探撿記事           

明洽三十三年五月、沖縄縣那覇區在住、古賀辰四郎氏代、其借區たる無人島へ向け、滊船大阪商船會社滊船永康丸派遣の擧あり、理學士宮島幹之助氏亦渡航せらる、不肖校命により此幸便を借り渡島探檢することゝなり、同五月三日を以て那覇港出帆往復十八日間、即仝五月二十日を以て調査を了へ歸校せり、其間宮島學士は黄尾嶼の一島に留りて調査に從事せられしも、余は他の列島を回遊せり、この記事は専ら余か回遊せし列島に屬するものにして、黄尾嶼に就ては、他日精密なる報文の出つる期あらん、看官それこれを諒せよ、
 明治三十三年七月
      沖縄縣師範學校に於いて           黒岩  恒



     總  論
茲に尖閣列島と稱するは、我沖縄島と、清國福州との中央に位する一列の小嶼にして、八重山列島の西表(イリオモテ)島を北に距る大凡九十哩内外の位置に在り、本列島より沖縄島への距離は二百三十哩、福州への距離亦略相似たり、臺灣島の基隆へは僅々一百二十余哩を隔つ、帝國海軍省出版の海圖(明治三十年刊行)を案するに、本列島は、釣魚嶼、尖頭諸嶼、及黄尾嶼より成立し、渺たる蒼海の一粟なり、左れど其位置上の關係よりして、古來沖縄縣人に知られ居れり、而して此列島には、未た一括せる名稱なく、地理學上不便少からさるを以て、余は窃かに尖閣列島なる名稱を新設することとなせり、而して本列島は地勢地質上二部に大別するのを必要を見る、甲は釣魚嶼及ひ尖閣諸嶼にして乙は黄尾嶼なりとす左表の如し、

【管理人】 ブログでは表に出来ないので文字にしました。


尖閣列島 
   (甲) (1)釣魚嶼
      (2)尖閣諸嶼    
  (乙)  (3)黄尾嶼

前者は主として近古代水成岩より成り後者は全く火山岩より成るなり。









author:senkakujapan, category:尖閣列島探検記事, 17:18
comments(0), trackbacks(0), - -